インターネット上の教科書のあり方

当サイトで実現できているかどうかはおいておいて、タイトルについて考えます。

別サイトへリンクを貼る

advancedな内容や補足説明、具体的な事例など、学習のサポートになるサイト・ページを紹介する。

UIを充実させる

読みやすいように設定を変更できる。
例:文字サイズ、書体、文字色、背景色、縦書き/横書き、ふりがな等。

紙の教科書に劣らない

アンダーライン(下線)やメモを書き加えることができ、また、蛍光ペン&赤い下敷きで暗記するような暗記の補助機能を実装する。
しおりを挟んだり、目次や索引のページからリンクでジャンプできる。

マルチデバイス(クロスデバイス)対応する

デスクトップ、ノート、タブレット、スマホの各デバイスに対応する(レスポンシブ)。

公開の場合、meta descriptionを書く

検索エンジン経由で見つかりやすいように、検索ワードを意識したような紹介文でサイトに誘う。

学習のサポートになるようなコンテンツを追加する

現象の可視(ビジュアル)化(視点を変えられる。パラメータを変更できる)、グラフの描画(3次元であれば、視点を変えられる。パラメータを変更できる)、計算例としてユーザ(学習者)が入力した数式の自動計算、等。

オフラインで利用できる(ローカルに保存できる)

インターネット接続を毎回利用する必要はない。



inserted by FC2 system